群馬県 美容レーザー アライクリニック

健康まめ知識

健康まめ知識

アライクリニック版 知ってて得する豆知識」No1

熱傷(やけど)について

1:原因

熱湯、炎、蒸気、熱い物体に接触し起こる。なかでも、ポット、カップ麺の湯が多い。

また、冬場では、ストーブ、ファンヒーターによる受傷やあんか、ホッカイロによる低温熱傷も多くなっています。

 

2:程度

熱傷の深度により、皮膚の発赤から水泡形成・蒼白まで様々であり、症状も深度により灼熱痛・熱感から疼痛なし・知覚脱出まで様々である。

またこれに伴い、治療期間も数日間から数ヶ月におよぶこともある。

広範囲の熱傷は(成人20%以上、幼少児10%以上/体表面積)は生命にかかわるため大至急設備の整った病院に運んで下さい。

また、低温熱傷の場合は治りにくいことが多い。

※ 範囲の目安は、片腕10%、胸腹部20%と考えて下さい。

赤ちゃんの場合は赤ちゃんの片手が1%となります。

3:救急処置 家庭で受傷する熱傷のほとんどはチョットしたものが多いでしょうから、とにかく流水(水道水)で冷やして下さい。

また、冷やしている時に ふるえ がおこった時は、冷やすのをやめ出来るだけ早く、医療機関に受診して下さい。

尚、低温熱傷についても受診をして下さい。

※勝手な民間療法(味噌、アロエ、チンク油などを塗る)は傷の化膿や傷跡が醜くなるようなことがありますのでしないように心がけましょう。

 

2000.06

診療案内
休診日

外科、整形外科、内科、消化器科、肛門科、リハビリテ−ション科

診療時間

平日:午前 9:00〜12:30

午後 14:00〜18:30

※火曜のみ午後は14:30〜18:30

木曜・土曜:午前 9:00〜12:30


休診日

木曜・土曜午後、日曜日、祭日


診療案内

肺炎球菌ワクチン
小児肺炎球菌ワクチン
ヒブワクチン
MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)
破傷風トキソイド
A型肝炎ワクチン
B型肝炎ワクチン
マムシ抗毒素指定医療機関
狂犬病ワクチン

お問い合わせ先
電話番号
メール

アクセスマップ
健康まめ知識