群馬県 美容レーザー アライクリニック

健康まめ知識

健康まめ知識

糖尿病・肥満症の食事療法は

糖尿病や肥満症の食事療法の基本「過食を避け、偏食せず、毎日規則正しく食べる」
ということ、何も特別なものではありません。食事療法は常識食・健康食であり、患者さんだけではなく家族全員で行うと良いと思います。


食事療法の原則


1 エネルギー量を適切に
食べ過ぎは直接血糖を上昇させ、また体重を増加させる原因になります。一方、食べるネルギー量が少なすぎると、異常に体重が減少したり、また子供さんでは成長が不十分になってしまいます。
このようなことを防ぐため、一人一人の年齢、体格、運動量などにみあった適切な量のエネルギー(カロリー)を食べ物として取るようにしましょう。

 

1日に必要なエネルギー(カロリー)量は?


成人の場合 1日のエネルギー量 = 標準体重 x 運動量

標準体重(キログラム)=身長(メートル)x身長(メートル)x22

運動量の目安(体重1キログラム当たり)


 軽労働   25〜30キロカロリー 
 中労働  30〜35キロカロリー
 重労働  35キロカロリー以上

2 バランス良く栄養素を取る

質(炭水化物)、蛋白質、脂肪、ミネラル、ビタミンなどを偏らないように取ることで健康が増進します。個々の食べ物で絶対とってはいけないもの、また逆に特にたくさん取るとよいものはほとんどありません。なるべく多くの食品をバランス良く取るように心がけましょう。

糖尿病や肥満症の方は高血圧になりやすいので塩分は控え目に(1日7−10グラム以下)。

また、高脂血症にもなりやすいのでコレステロールや飽和脂肪酸(動物性脂肪など)も取りすぎないよう注意して下さい。

食後の血糖上昇を防ぎ、コレステロールの増加を防ぎ、便通を良くする働きのある食物繊維を十分取るようにしましょう。


3 食事を規則正しく取りましょう

ながら食いやまとめ食いは、食べ過ぎのもとになります。

また、インスリン注射をしているまたは血糖降下剤を内服している患者さんは、特に食事の時間と量を規則正しく守り、食事とこれらの薬がうまく働くようにしましょう。


食品交換表 (日本糖尿病学会編/日本糖尿病協会・文光堂発行)

食品についての専門知識がなくても糖尿病・肥満症の食事療法を行いやすくするために、食品交換表というものが作られています。

この表ではバランス良く食べるために食品を6群に分類しそれぞれのグループを表1、2…6と呼ぶようにしています。また、ご飯茶わん半分と同じエネルギー(カロリー)量(80キロカロリー)を1単位と決めています。

ですから、茶わん軽く1杯のご飯は表1の食品で2単位に相当し、同じ表1の食品2単位分例えば6枚切りの食パン1枚と置換することができます。

このようにして、食品交換表を見ると同じカロリー(同じ単位数)・同じ栄養価(同じ表)を持つ食品を簡単に探すことができます。

例えば、1日に表1(穀物、いも類など)11単位、表2(くだもの)1単位、表3(魚介類、肉類、卵、チーズ、大豆類)4単位、表4(牛乳・乳製品)1.4単位、表5(油脂、脂身)1単位、表6(野菜、海藻、きのこ)1単位、この他調味料として0.6単位摂取すると、合計20単位つまり1600キロカロリーで栄養のバランス良く食べることができます(例2)。
また、同じグループ(表)に入る食品を色々交換することで食品のバラエティを増やすことができます。

栄養バランスの良い食事の例

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 合計
食品 穀類いも くだもの 魚肉卵チーズ大豆 牛乳乳製品 油脂脂身 野菜海藻きのこ 味噌砂糖
例1 1.4 0.6 15単位
例2 11 1.4 0.6 20単位

のように、カロリー量の違いは主に表1の食品の量で調節可能です。

食事の配分方法

まとめ食いをするとその直後、血糖が上がりやすくなるので、食事は朝、昼、夕食の3回、均等になるように取る方がよいでしょう。また、牛乳やくだものなどは午前と、午後の間食として取るようにすると良いでしょう。

診療案内
休診日

外科、整形外科、内科、消化器科、肛門科、リハビリテ−ション科

診療時間

平日:午前 9:00〜12:30

午後 14:00〜18:30

※火曜のみ午後は14:30〜18:30

木曜・土曜:午前 9:00〜12:30


休診日

木曜・土曜午後、日曜日、祭日


診療案内

肺炎球菌ワクチン
小児肺炎球菌ワクチン
ヒブワクチン
MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)
破傷風トキソイド
A型肝炎ワクチン
B型肝炎ワクチン
マムシ抗毒素指定医療機関
狂犬病ワクチン

お問い合わせ先
電話番号
メール

アクセスマップ
健康まめ知識